Page: 1/2   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
五島列島の美味しいホルモン♪
五島列島、といえば、五島牛、ですね、ですよね!?
松坂牛、佐賀牛、神戸牛、いろんなご当地牛が
ブランド品として君臨していますが、
みんながみんな、地元出身でないことをご存知ですか?

五島列島の海風を受けてまろやか〜に、
ストレスなく育った子牛が、セリにかけられて、
ドナドナドーナ♪
海を渡って各地で出世魚のごとく(?)
名前をかえていくのです。

五島牛が、現在蔭の立役者的役割を担うようになっている一因に、
昔懐かしい長崎経済連が、長崎県内の肉牛は
すべからく「長崎牛」と名乗れ、と言ったとか、
言わないとか、っていうのが地元の噂です。

今はその後の農協構造の変化で「五島牛」ブランド化が
懸命に進められているのですが。。

しかし、10年ほど前の当時不遇だった五島牛に、
せめてものブランドを、と一石を投じた人がいました。
その人の名は、まっちゃん。

五島牛が、肉はもちろん、ホルモンまで美味しいことに
目を付けた彼は、ホルモンをパックにして売り出すことを考えます。
1つは味無し。1つはみそベースの味付き。

試食では、どちらも臭みがなく、
いろんな部位のホルモンが美味しく食べられると好評でした。

特に味付きの方は、濃すぎず、薄すぎず。
ほんのり甘くてコクのあるみそ味で、
タマネギ、キャベツ、モヤシと一緒に炒めるだけで、
まったく味の調整をすることなく夕食のメインが出来上がる、
忙しい主婦にはぴったりの逸品でした。

彼は、この素晴らしく美味しいホルモンに名前を付けました。
その名も「まっちゃん」‥          ( ̄∀ ̄|||)自分の名前かよっ!!

まぁ、どれもこれも噂の域を出ないのですが(笑)
五島牛のホルモンの真空パック、まっちゃんが
とてつもなく美味しいホルモンだってことだけは、
まぎれもない事実だったりします。


| ai3310 | 05:06 | comments(11) | - |
セミナーってどうなんですか?
セミナーってどうなんでしょうね‥

最近、
情報商材買ったらセミナー、
私塾入ったらセミナー、
なんかやたらセミナー流行ってますね。

どうなんですか?
セミナーって。

情報として有益性のあるセミナーは別ですよ。
例えば椿が入塾しているISSとかのセミナーは
断じてそちら側だと信じたいのですが(笑)

なんか、あるでしょ、
ネットの世界にいる人たちが
オフラインで繋がりましょうセミナー、
明日は稼ぐ人になろう!あすなろ的な
モチベーションアップが目的みたいな。。強いて言えば‥

中身のないセミナーが(笑)

椿には、主宰している人の
マスターベーションにしか見えません。

だって、一度や二度セミナーで顔合わせて、
自作の名刺交換したくらいで、
親友とは言わない、
会社の同僚レベルでいいんですけど、
仲間意識って生まれますかね?

まぁ、コミュニケーション能力の欠如、
と言われれば仕方のないことですが。

椿はね、できます(笑)
って振っておいてナンダって感じですが。
私はね、結構できる方なんですよ。

どこ行ってもインパクトあるんでしょうね。
「椿が来ると空気がガラッと変わる」って
よく言われます。楽しいんだと。
まぁ、手前味噌ですいませんが。。

というのもね、

じつは椿は以前メンタルトレーニングの講師として
全国でセミナーをやっていたことがありまして。。

それで、そこのところは専門だったりするんです。
だから、私はいいけど、参加されている方みなさん
果たしてそうでしょうか?ってことなんですよ。

そこで、
今日はセミナーを主宰する側から見た
セミナーの功罪について触れてみたいと思います。

セミナーって、行かれた方いらっしゃいますか?

なんか一種独特ですよね、老若男女、いろんな職業の方が
1つの空間に集まってるのって、
パッと見、宗教?とか、MLM?とか思います‥

それで、お話は女性が起業するまでの苦労話とか、
私はこうして1億円儲けましたとか、
大事なのは目標の明確化です、
モチベーションのアップですとか言われた日にゃ、
もう鳥肌が立ちます、気持ち悪くて(笑)

やってる人はね、最高に気持ちいいんですよ。

私の場合、女性が一般的に抱えている悩み、
育児とか夫婦関係とかを解消するための
メンタルトレーニング法でしたから、
女性が4、50人集まった会場で講演するんですが。

こちとらしゃべりと雰囲気作りのプロですから。

最初は下向いて、つまんなそうにしてた人が段々顔上がってきたりとか、
思わず小さくうなずいちゃったりするようになってくる。

セミナーが終わって会場を後にしようとすると、
「感激しました」「今日来て本当によかった」「人生変わりました」
追いかけて来て、目潤ませて手握って感謝してくれる人がいる。
家に帰るとパソコンに感謝のメールが山のように来る。
ほんと、軽くイッちゃえるくらいです(爆)

でもね、参加された方って、
それを日常にどれだけ生かしてるんだろう?ってよく思ってました。
私の場合女性向けのメンタルトレーニングでしたから、
例えば一日一回でも、お母さんが子供の話をゆっくり聞いて、
しっかりうなずいてくれたら、
それで生かしてもらえたことになるわけです。

でも、
その日、終わったあとみんなでお茶とか飲みながら
「やろう!やろうね、明日から!」って。

ありましたね、昔CMが。
「ダイエットは明日から〜♪」って(爆)

セミナーってね、カンフル剤にもならない、ってのが
椿の今の持論です。

一番のモチベーションは、あなたの大事な家族ですよ。
毎日、この人たちの笑顔をもっと見たい、
泣き顔は絶対見たくない、って思いがすべての人を動かす。

そう思います。

ドラマとかでありがちなシーンでね、
お父さんが仕事から疲れて帰ってきて、
子供の寝顔見に行くでしょ、
あれって決してあなどれないな、
セミナーのたぶん1000倍は効くんじゃないかな、
と思ったりしているんです。

| ai3310 | 05:00 | comments(0) | trackbacks(128) |
アフィリエイトについて
アフィリエイトについて

今日は、ちょいとまじめに、
椿が考えるアフィリエイトについて
お話したいと思います。

アフィリエイトというと、
一般的に物販アフィリエイトが思い浮かぶと思いますが、
その利率の高さで今アフィリエイターの注目が
高まっているのが情報商材のアフィリエイトです。

椿、最近どうも解せないことがあるんです。

椿が大好きな(というか、もうこの件でちょっと嫌いになったりしてる‥)
女性アフィリエイターの方がいらして、
その方は年下だけどすごく上手に無料レポートとか
作られる方なんです。

椿はメルマガも読んで、コミュニティにも参加して、
結構その方のこと目標にしているってとこあったんですよ。

でも、
その方がおすすめされて、ご自分も使ってます、って言われたのが、
情報商材をアフィリエイトする方を対象にして、
情報商材をレビューする有料メールマガジンだったんです。

私は当然そんなの購読してないんで、
見本メール見ただけなんですが、どうも、
情報商材をいちいち買ってたってお金が続かないし、
買った商材が使い物にならなかったらお金の無駄でしょ、
だからレビューを共有することで
情報商材を買うお金を節約しましょう、ということらしいです。

情報商材をアフィリエイトする方にしたら、
いいことずくしってワケなんでしょうけど、
その人から買う側にしたら、どうなんでしょうか、これ。

椿がもし、そのアフィリエイターさんの言葉を信じて、
「よし、この商材買おう!」となったとして、
もしその人がそんなレビューを写して書いただけで、
さも自分で体験した風なことを装っているだけだと知ったら。。

椿、二度とそのアフィリエイターさんからは買いません。

じゃあ、アフィリエイトする方がバレないようにすれば、って思うでしょ?

アフィリされる方もバカじゃない、って話ですよ。

椿の場合、毎日何十通とアフィリメルマガを受信してます。
それ見てるとね、同じ時期に、同じ商材を、同じような語り口で
紹介しているメルマガがね、あるんですよ。

椿はもう、その時点で疑っちゃいます。

それから、したり顔で評価しちゃってるのも、怪しい。

本当に、その人にその商材をそうやって評価するだけの力があるのか?
虎の衣借りて言っちゃってんじゃないの〜?!って。

それじゃあ、椿は情報商材のアフィリエイトしてないのかって?!
それが、してるんです。

でも、椿の場合、最初から情報商材をアフィリエイトしよう、と思って
情報商材を買ったわけじゃありません。
「椿自身が儲かりたい!」と思って買ったら、
儲かる以前に詐欺まがいのものばかりだったんです。

「私と同じようなうたい文句で情報商材売ります」って書けば
お金が入りますよ、っていう実態のないものだったり、
キーワードの見つけ方1つをさも有り難いことのように
何十ページにも渡ってもったいつけて教えたり、
IPOを取得するにはお金がいります、見せ金です、
その見せ金をどうするか?親類縁者に借りてください、っていう
実現不可能なものだったり‥
本当に実際に役に立ちそうにもないものばかりに
100万円以上も使ってしまいました。

そんな中で、やっとめぐり会えた、
本当に儲かる情報商材というのは2つだけだったんです。

その2つで椿は本島に利益が出ました。

だから、これをアフィリエイトしよう、と思ったんです。
本当に自分が儲けたものしか、アフィリエイトしたくない。

それが椿の考える情報商材の王道です。

椿が島子のハンドルネームでアフィリエイトしている2つのブログはこちらです

http://fxshoshinsha.seesaa.net/
http://pokisukefan.seesaa.net/
| ai3310 | 19:25 | comments(0) | trackbacks(130) |
松坂牛になっちゃう五島牛
五島列島の美味しいお店

というより、今日は
五島列島の美味しい牛(ラブ)
五島牛についてお話したいと思います

先日我が師匠ポキスケさんが
お腹いっぱい食べられたという松坂牛、
もしかしたら、ちっちゃい頃は五島牛だった?!
、、、かもしれないですよ、師匠(笑)

椿は以前五島の子牛の登録協会、という
ところに勤めていました。

そこで、この子牛は確かに
「牛若丸」がお父さんです、という
証明書を発行するんです。

でですね、牛にも人にとっての指紋のような、
一頭一頭違う固体識別できる模様がありまして。
それが、鼻なんです。

あの、でっかい穴の開いた、
黒くておっきりお鼻、
よく唾液で濡れてますが(笑)

あの牛の鼻には、よく見ると
人間の指紋のように模様があるんです。

その模様、鼻紋というんですが(笑)
これを墨で半紙に魚拓よろしく写し取って、
それを証明書にぺたっと貼る、
そんな仕事をしていました。

五島の子牛は「肉が甘い」とかで評判がよく、
子牛のセリ市の時には、
全国から買い付けにいらして、
それはにぎわったものです。

そうして買われていった子牛が
全国各地で育てられ、
佐賀牛になったり、神戸牛になっていくんです。

当時は、その中に松坂の方もいらっしゃいました。

残念ながら当時は「五島牛」というブランディングはされず、
「長崎牛」というくくりでした。
今はどういう売り方をしているのか分かりませんが‥

地元のお店でも、店によって
「これ、本当に五島牛か?!」と思うところがあります。
椿も一度ひっかかりました。
肉が堅くて、臭い!!    ガーン‥
友達に話したら、
「あそこは怪しいもんね」

有名だったみたいです‥
椿、五島にUターンしてまだ半年。
地元で見極められるよう、励みます‥

| ai3310 | 16:38 | comments(70) | trackbacks(0) |
すし春について
五島列島の美味しいお店シリーズ♪

「すし春」について

昨日、久しぶりに「すし春」に行ってきました。

五島の食通の方なら知らない人はいない!
(であろう)「すし春」、しっかり江戸前です。

意外とお寿司が美味しくないことで有名な五島。。
(不名誉!!)

こんなこと、この日記で暴露していいのでせうか‥
五島のほかのお寿司屋さんからクレーム来そう‥(⌒▽⌒;)
でも、椿は五島の寿司文化(んなもんあるのか?)の
ためにも言いたい!!

むかし昔、
グルメ雑誌の記者していた椿だからあえて言いますが、
五島の寿司屋は、「すし春」以外不味いっ!!
(まぁ、「美味い」「不味い」は好みの問題で、
椿の主観でものを言っとります、というのは
付け加えさせていただきますが‥)

原因は、なんといっても、
「素材の良さに依存した、技術の無さ」でしょうねぇ‥

べちゃべちゃのしゃりは論外、
みそ汁には化学調味料がっぽり、
特上を頼めば、しゃりとネタのバランスをまったく無視し、
デカけりゃ喜ぶだろうとばかりにデカすぎるネタを
平気でのっけてきます。

デカいネタなんて、昔から「無粋」として
田舎の寿司屋がすることと、笑われてきたんだよ!
ってここ、田舎の寿司屋じゃんね‥(笑)

まぁ、他店の悪口を語っても仕様が無いんで、
「すし春」の素晴らしさについて (ラブ)

「すし春」でも、お寿司屋さんでお寿司を食べることなんて、
椿にとっては滅多にありませんから、
椿は特上しか頼みません。

ですから、特上にだけ話をしぼりますが。

今回の主役は、何と言ってもウニでしたっ!!

大きな、大きな、椿の地元では「大ガゼ」という
長い針を持ったウニの、一片が軍艦にのっているんです。

美しい! 美しすぎますぅっ!!

ひとひら?
少なくねぇ!?
と思われるあなた、
それがひとひら、デカイんですよ。

口の中に放り込むと、
まったりと濃厚で、ミョウバンの味なんて欠片もしなくて、
磯の香りが鼻にまで抜けてくる。

おそらく、北海道のウニでしょうね。

五島では、こんなデカイの採れないんじゃないかなぁ?

椿は5月になると、
自分で磯に出かけてウニ採って食べます。

主に「ガゼ」と呼ばれる「馬糞ウニ」ですが。
さっき出てきた「大ガゼ」も少しは採ります。

だって、「大ガゼ」は採るのカンタンなんですよ!
岩の下からのぞいてるのや、時には
海の底をのんきに歩いてるヤツもいて、
「狩漁欲」をそがれるんです。

その点、「ガゼ」は岩の底と海底の間に
手を突っ込んで、チクチク攻撃されながらも
必死でかき出したり、「エイやっ!」と
岩を転がして採ります。

ふわっと舞った砂の粒が落ち着いて、
澄んだ水の中に「ガゼ」が1家族分
(6、7個ですかね)いた時の感動ったら!

あぁ〜、早く5月にならないかなっ ヽ(*´∀`)ノ 

って、何の話やねん!
そうして「ガゼ」とは対照的に
テンション低めに採る「大ガゼ」ですが、
やはり「すし春」でいただくような
大きいものは採れません。

だからこそ、椿は「すし春」が好きなのですね。

「すし春」のネタには、
ウニのほかにも、
やはり感動するのは、あなごですなぁ。

あなごは、特上には入ってませんから、
追加で注文したんですが。。

まぁ、美味しかったっ!

口に入れた瞬間、ふんわり崩れるくらい柔らかく煮込まれて、
口中に広がるバターのような濃厚なコク、
ちょうどいいバランスのシャリ!!

あなご、最高でした。

そのほかにも、柳たこの刺身や、
こぶ出汁が上品な白魚とゆばのお吸い物など、
都会に出しても充分通用するお味でした (*^-^*) 

これでもう少しシャリが柔らかかったら、
「すし春」、椿の生涯美味しかったお寿司屋さんベスト3に入るのにっ!
と少し残念ですが、島内でこれだけの水準のお寿司が
食べられるなんて、椿はもう他のお店は試さず、
「すし春」一本にしようかな‥
と思っている今日この頃です (⌒∀⌒)



| ai3310 | 10:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
テンプレートについて
テンプレートについて

こんにちは、
家の前の畑にわらがこんもりと積まれていて、
ちょっと外にでるとセーターのあちこちが
「わらしべ長者」な椿です(笑)

さてさて、
今日はテンプレートについて書きたいと思います

「テンプレート」って、
いろんな意味で使われてると思うのですが、
これから椿が書くのは、
ホームページを作る際の土台としての
テンプレートです。

ブログにもテンプレートありますね。
こちらのJUGEMさんでも、
椿が大好きな大洋さんのテンプレがあったりして、
ほんと嬉しいのですが。
いまならカエラちゃんとか!

カエラちゃんは、
サクサクに出てた時から大好きで、
今じゃあ
サディスティックミカバンドのヴォーカルですって?!
ほんとこんなにメジャーになっちゃって、
まぁまぁ、おばさん、嬉しいやらちょっぴり淋しいやら

‥‥って、何の話やねん!!

じゃあ、なんで椿は大洋さんやカエラちゃんのに
しないかっていうと、カスタマイズしにくいから、です (汗)

だってバナー作るの好きなんだもん!

とにかく、
ブログのテンプレートって、無料ブログの各サイトが
おしゃれで綺麗なの続々出してくれるんで、
そんなに不自由しないんですけど、
ホームページ用のテンプレって、
おしゃれなの、ないなぁ。。

無料で配布してくれる
個人さんのサイトってたくさんあるんですけど、
ある程度SEOにも対策してて、
しかもおしゃれな、、
なんか、テキスタイルとか使って
背景が華やかなのとかないのかなぁ‥

なんて思って、
ちょこちょこっと今自分で
作ってしまったりしています(笑)

できあがったら、このサイトでも
お知らせしますんで、
どうぞお楽しみに〜O(≧▽≦)O
| ai3310 | 10:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
ペンギン水族館について

ペンギン水族館について

つい先日、ペンギン水族館に行ってきました。
長崎では知らない人はいないくらい
有名な、ペンギンをメインとした水族館なのですが、
福岡の友人に話したら、全然知りませんでした (⌒▽⌒;)

夏にも行ったことがあるんですが、
ばてーっとしていた記憶があります。

その時はちょうど産卵期の後でした。
ペンギンが足の上に卵を乗せて、
お腹の羽毛であたためるのは
みなさんもご存知だと思います。

ところが、
そこの水族館のペンギンたちは
卵の代わりに、
赤と黒のマーブル模様のような、
まるでスターウォーズの悪役の顔
(ダースモールって言いましたっけ‥)を
彷彿とさせるような卵大のボールを
温めさせられているんです‥

あれって、どういう理由でそうしているのでしょうねぇ?

本物は人口孵卵器に入れておいて、
親は割っちゃうといけないけど、
何も抱かないと情緒不安定になるのかしら、とか
いろいろ考えちゃいました。

今回はあまり時間がなかったので聞けなかったけど、
今度行ったら飼育員さんに聞いてみよう!

とにかく冬のペンギンたちは
元気で元気で、私たちが寒さで縮こまっているのを
横目で見ながらはしゃいでる感じがしました(笑)

そして泳ぎが美しいこと!!
ペンギンって、水の中にいると、
「そいえば、あなた、鳥だったっけね」と
思い出します (´∀`)

行った記念にペンギンストラップなぞ
携帯電話に付けてしまっている
椿なのでした。

泳いで泳いで泳ぐペンギンたち
| ai3310 | 14:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
五島独自のSNS
五島独自のSNSについて

五島に住んでいると、
本当に五島が好きだなぁ、と感じます。

海が綺麗で、魚が美味しくて、
というのはもちろんなんですが、
何より人があったかい。

島にいる人、全員良い人、と
信じているきらいがあります (^▽^;)

その証拠に、椿は2回、
椿のダンナは1回、
島を車で走っていたら、
道ばたにしゃがんでいる
じーちゃん、ばーちゃんに、
まるでタクシーでも止めるように
手を揚げられ、
病院や港、自宅に送り届けたことがあります (^▽^;)

この人たち、いつもそうして移動しているのか!?
                  Σ( ̄□ ̄|||)

閑話休題。。

椿は五島生まれの五島育ちで、
一旦結婚で島から出て最近戻ってきたんですが、
その”一旦”の間にずいぶんと
島に元気がなくなってしまったように感じます。

極度の過疎化、高齢化。
基盤となる産業がないにも関わらず、
一次産業も担い手不足なんです‥

そんな中、
五島列島をITインフラ整備して、
Uターン、Iターンを呼び込もう、
と光ファイバーなどが敷かれ、
SNSも立ち上がりました。

「かたらんねっと」と言います。
ミクシィやITビズと違って
使い勝手はあまりよくありませんが、
やはり「五島可愛さ」で登録してしまいました (^▽^;)

五島在住の方はもちろんですが、
全国から参加されていて、
今はお友達紹介がなくても登録できますし、
最近SSLにも対応しました。
(オープン後、というのがなかなか笑えますが)

五島が好き、
五島に興味がある、
五島って何!?
という方、一度ノゾイテみてください (´∀`)

椿も、「島子」という名前で
登録していますので、
検索したら一発ででますよ。
あなたとお友達になれたら嬉しいなぁっ!!

かたらんねっとのURLデス

http://sns.egoto.jp/
| ai3310 | 20:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
朝焼けが美しい写真
朝焼けが美しい写真について

椿はとても早起きデス。

何も好きこのんで早起きしているワケじゃあ、ありません!
ダンナの出勤に合わせて、仕方なく〜、仕方なく〜!
起きているわけです。

でもちょっぴり
イイこともあります。

それが、朝焼けです。

島子の住んでいる五島列島は、
日本列島の西のはしーーっこにあります。

この間、お昼の笑っていいとも!で
椿の大好きな華丸が、
左手の甲をカメラに向けて、九州に見たて、
親指のところを「ここが長崎」
親指の先の空間をぐるぐるっと指して、
「ここが五島列島」って言ってました。

一緒にいた中居くんもつられて
「あぁ、ここが五島列島」って
言ってたんで、思わず母親と
「中居くん五島知っとるんかいな!?」って
騒然となっちゃいましたが(笑)

そのくらい、西の果てなの、五島って (^▽^;)

そうです、
♪西から昇ったお日様が、
 東へ〜しずぅむー エッホント〜?!
コレデーイイノダーコレデーイイノダー♪
天才バカボンの歌の反対ですから、
東からお日様って昇ってくる、
のに椿は西の果てにいる‥ってことは、
遅い遅い日の出が!!

今日の日の出なんて、
7時22分ですよ!!

バーイ お天気WEB http://www.jwaq.gr.jp/jwaq/top0800.html

なので、毎日のように日の出が拝めますし、
場合によっちゃあ、
下の写真のような美しい朝焼けと挨拶できちゃったりします。

ちなみに、この写真は今朝、
椿の部屋から撮ったものデス (*^▽^*)

| ai3310 | 09:47 | comments(1) | trackbacks(0) |
椿について
椿について

こんばんわー o(^-^)o

私は椿というハンドルネームを使っています。

TSUBAKI、というシャンプーもあるみたいですね。
使ったことはありませんが、
あのCM、好きな女優さんばかり出てくるので大好きです。
(特に竹内結子! キュートでキッチュで、
 でもほんわりした雰囲気を持っていて、
顔も、ほっぺが柔らかそうなとことか、
白目が透明な感じとか、きらきら動く瞳とか。。
『ランチの女王』の頃から変わらず、大好き!デス)


あっ!いかんいかん、
そろそろ、本題 (*^▽^*)
うぉほん!

五島に住んでいる者が「椿」という言葉を聞く時、
思い浮かべる1つの花があります。

「玉之浦」という品種の椿です。
赤い花弁に白いふちどりが美しい、
上品な小体な椿です。

私はこの花が大好きで、
この花をイメージした「椿」として、
こうしてハンドルネームに使っています。

五島市にある玉之浦町の父岳というところで
見つかったので、この名前があります。
ネットで検索したら、やぶ椿の突然変異種だそうです。

すごいですね!
こんな美しい椿が突然森の中から現れたら‥
はじめて発見した人はどう思ったでしょう?

椿だったら、
神のお告げとか、仏さまが現れたとか
思っちゃうんじゃないかと‥

もしかして、
日本各地に残っている神話や言い伝えって、
そうゆうとこから生まれるのかも‥
なんて思うほど神々しい美しさを持った花です、
五島椿、「玉之浦」

ネットで検索していたら、
白いふちどりの形が如意頭文様(にょいとう、と読みます。
まるくて、さきっちょがちこっと尖がった形ですね。
有田焼の縁取りとかでよく見ます)
に似ているところから、
縁起物としても珍重されているそうで。。
知りませんでした (笑)

そういうものだと思うと
一層特別なものにも思えてくるのですが‥

しかし、ただ、
ただただ単純に、
楚々としたたたずまいが好きなのです (→ܫ◕)


| ai3310 | 02:02 | comments(0) | trackbacks(0) |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode